沿革

沿革

1918
福岡県豊前市にて、宇島酸水素株式会社として水電解による酸素及び水素ガスの製造を開始
#
1970
伊藤忠燃料株式会社(現、伊藤忠エネクス㈱)の全面資本参加により系列会社となる新南陽市(現、周南市)に水素ガス製造のため、徳山工場と中国営業所を開設
1978
福岡県豊前市に本社及び工場を新築移転
大分営業所を現住所に新築移転
1979
本社を北九州市小倉に移転
1972
伊藤忠燃料株式会社 相模原ガスセンターを開設
1973
東京と名古屋において高圧ガスの販売を開始
1978
大阪にて高圧ガスの販売を開始
1994
伊藤忠ファインガス㈱に社名変更
1990
伊藤忠燃料株式会社高圧ガス部を分離独立し、シーアイ高圧ガス㈱を設立
小山ガスセンターをリプレースし、北関東総合ガスセンターを設立
1991
千葉営業所を開設
1993
伊藤忠高圧ガス㈱に社名変更
1997
東京容器検査㈱を設立
#
1998
南陽アイアイスイソ㈱を設立

9月合併に伴い社名変更
伊藤忠工業ガス株式会社となる
2000
ISO14001の認証を取得
2003
北陸営業所を開設
2004
本道産業㈱を子会社化
千葉支店で窒素の充填を開始
2011
㈱守屋医療酸素商会を子会社化
北陸支店で酸素と炭酸の充填を開始
2015
容器検査事業再編に伴い
東京容器検査㈱を㈱Jシリンダーサービスとして事業開始
PT. ITC ENEX INDONESIAを設立
2017
関西総合ガスセンター㈱に出資