産業ガスは、気体あるいは液体として存在しており、
わたしたちが普段、目にすることはほとんどありません。

しかし、この産業ガスは食品、鉄鋼、製造業、医療現場
産業全般において広く使われ、重要な役割を担うとともに、
その用途はさらなる可能性を有しています。

1

産業ガスはどこに使われている?

例えば、航空機。
この航空機には、実は多数の産業ガスが使われています。

代表的なものとして、エンジンなどの部品、ラバトリーをつくる際の金属の溶接(アルゴンガス)から非常時の人命救護のための吸入用酸素(医療用酸素)までと航空機における産業ガスの役割、用途は幅広く、航空機の安全な運航には欠かせないモノです。航空機一つとっても、産業ガスの役割、用途は多様です。

しかし、航空機をいくら眺めても、また機内を見渡しても産業ガスの姿を見ることはありません。その理由は、わたしたちが普段、目にする場面では産業ガスは表に出ることはほぼなく、気体として時には液体として存在しているからです。

産業ガスは空気のように目に見えない、触れることのないモノですが、重要な役割を担うとともに、さらなる可能性を有しています。

詳しくはこちらへ
「こんなところに!<航空機編>」
「こんなところに!<病院編>」

産業ガスはどこに使われている?
2

産業ガス業界図

産業ガス業界図
3

産業ガスはどのように運ばれる?

産業ガスはどのように運ばれる?